家を所有している方であれば、定期的に外壁塗装について考えなければなりません。

外壁は外の雨風から家を守っているものなので、約10年に一度ほどの頻度で定期的に塗り替えることで家を長持ちさせることができます。

外壁塗装を依頼するにあたって、知っておきたい基本的な知識があります。

塗料に関して少し知識があるだけで、依頼しようとしている業者が安いのか、それとも相場よりも高いのか見分けることができます。

外壁塗装に使われる塗料には、安いものから、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があります。

それぞれ安いものから高いものになるほど耐用年数も値段に比例して上がっていきます。

もっとも主流として使われている塗料はシリコン系塗料です。

見積もりをするときに気を付けたいのが、外壁だけシリコン系塗料を使用し、それ以外の部分にはもっと安いウレタン系の塗料を使う見積もりを出す業者がいますが、塗料は揃えましょう。

安くはなるかもしれませんが、先にはがれてきて放っておく部分ができてしまいます。

家のことを考えるなら、塗料のランクは揃えて外壁塗装をしましょう。